夜久野高原温泉

今日は夜久野高原温泉に行ってきた。

この温泉は「農匠の郷やくの」の中にある。

yakunomap_outline_l.jpg


ちょっと駐車場からは歩かないと駄目で また館内には食事をするところがないので
その敷地内にある「やくの本陣」で食事をする。
目新しいメニューはなく またそのメニュー表が

「これはどう見たってワードで作ったものだよね」

って言ってしまうような素朴なものだった。。

そして せっかくだから 高原美人を注文して食べる♪

 conv09140001.jpg


これが またまた美味しいのなんのって・・・・(#^.^#)v

「その中で一番美しいのはどれ?」って聞かれても答えられない。(;^_^A アセアセ…

お腹もいっぱいになり 目的の温泉の方に移動。


今日のお風呂は・・・・・岩風呂のある方だった。
受付を済ませ 脱衣場に移動。
脱衣場につながってるのは もちろん内風呂。
露天風呂は、脱衣場からつながってる階段を下りたところ。
そこにも脱衣場はあるが 今はどうも使われていないよだ。
でも  かごは置いてあった。 使ってる人一名。

私は まずやっぱ露天風呂へ(#^.^#)v
露天風呂の目の前は 大自然。
柵はあるが 外の景色が見えるような高さ。
お風呂に入りながら 大空を見ていた。何か めっちゃ優雅な気持ちに・・・・♪
写真を撮りたかったが 1人居なくなったと思ったら もう1人入ってくるという状況で
結局撮れず終い(;^_^A アセアセ…
店の人に許可を得て 撮りたかったですねぇ・・・・・・。

風呂に入ってると 本当に時間を忘れてしまっていて 気が付けば90分ボーとしていた。
温泉自体は そんな特別な泉質ではなく「単純温泉」
店の人は ツルツルになる温泉だとは言っていたが さほどじることが出来ない。
滝の湯と水風呂は掛け流し状態。  岩風呂は 循環式のようだ。

お風呂の種類は 内風呂・水風呂・露天風呂・サウナ

-------------------------------
泉質:単純温泉(低張性中性温泉)
効能:神経痛・慢性消火器病・筋肉痛・痔病・五十肩・運動麻痺・関節痛・
    疲労回復・冷え性・病後回復期・ 関節のこわばり・健康増進など

住所:京都府福知山市夜久野町平野2179
TEL:0773-38-0001
-------------------------------


くらま温泉(京都)

今回は 京都にある 鞍馬温泉  に行ってきた。

conv0001_20090805083111.jpg

ここは本館と露天風呂の棟が別になっていて この写真は本館です。
それを知らずに もう少しでこっちの方に入るところでした。(;^_^A アセアセ…

本館の斜め右後ろに・・

conv0006.jpg

そう・・・露天風呂の棟です。

本館の入場料と露天風呂の入場料は別です。

☆本館のみの入館料もあったと思うのだが 不明(;^_^A アセアセ… 
露天風呂のみの利用は 1100円
日帰りコースは、大人2500円 子供 1600円
  タオル 浴衣 バスタオルのレンタルが付き 
朝10時から午後9時まで利用可能 
  また本館・露天風呂の行き来が自由 
  日帰りコースに食事をセットしたコースは 4800円
露天風呂+釜ご飯+タオルのセットがあって これは2700円弱

今回は 露天風呂と・釜ご飯・タオルセットを利用する。
食事は 本館で♪ 釜ご飯は 注文してから炊きあげるので

   待ち時間 約20分

店の人が 

 先にお風呂に行かれますか?食事されますか?

と聞いてくれたのでもしかしたら 風呂から出てくる時間に合わせて
炊き込みをしてくれるのかもしれません。
ちょっと そこの所も不明(;^_^A アセアセ…

ここに着いたのが ちょうど昼で お腹が空きすぎていて 食事が来たと
思ったらもう箸を付けてしまい 釜ご飯の写真が
ありませんビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!

さて それはさておき 露天風呂に入るには 石の階段を上っていきます。
その階段の所に♪
conv0005.jpg

さすが 京都・・・って感じです。 夜に来たら 情緒あるんでしょうね  

階段を上がると、もうお風呂の入り口です。(#^.^#)

conv0004_20090805085347.jpg

この露天風呂の入浴券ですが 階段のそばで販売されています(#^.^#)v

人が居なければ 露天風呂の写真を掲載出来るかな?って思っていたのですが
居なくなりそうになったら 次の人が入ってきて 
人が居なくなることがありませんでした(T^T)残念・・・・。

観光客が どうもほとんどのようで・・・・
東京の新宿から来た親子連れや どうもフランス人じゃなかろうかという
親子連れの方が入浴されていました。
外国人は優雅に本を持ち込んで読書タイム♪
身体には バスタオルを巻いていましたが 日本のバスタオルと違って 非常に薄い。
なんか ムームーのような感じ(ё_ё)キャハ

露天風呂は、温泉の浴槽と水風呂の二つのみ
洗い場は 2カ所♪
露天風呂の方の洗い場のお湯の温度調整は非常に難しく 

なかなか温度が定まらない。

おかげで 水のシャワーを浴びることも(;^_^A アセアセ…
夏だから 気持ちが良かったが・・・ ちょっと大変。
水風呂の方にも あって ここは 他のスーパー銭湯と同じ物なので 
そんな事はなく温度は一定。こっちを利用すれば良かった(T^T)

ここの温泉も 肌がツルツルになります♪
ただ・・・・ お風呂から上がったら 

            めっちゃ眠たい

眠たくて帰るのが めっちゃ億劫に・・((自爆))

ここは やっぱ 1日ゆっくるすべきなんだと・・| 柱 |ヽ(-´ω`-。)反省
今度 来るときは 朝早くから行きたいと思った(#^.^#)

-----------------------------
〒601-1111京都市左京区鞍馬本町520  
T E L :.075-741-2131
営業時間 :10:00~21:00  露天風呂は冬季20:00まで
年中無休
駐車場60台 
送迎バスあり
-------------------------

るり渓温泉

るり渓温泉行かれるときは 是非 JAFのカードを持参しましょう。♪

京都府 一休

今日は 娘が友達と 「私のしごと館」に行きたいと前から
言っていたので 夏休み中で空いてる日にちをみたら 今日しか
なかったので 連れて行ってきました。
ちょっと遠いので 子供達だけで行かすことが出来ず 私が付き添いに・・・。
そういいながら 付き添いにはなってないんだけどね。。。
新祝園(近鉄線)の駅に着いたら 娘達だけをタクシーに乗せ
「しごと館」まで・・・。
娘達が「え?え?え?」って言ってる間にタクシーは 出発(((激爆))
一回学校から行ってるから 雰囲気はわかってるし あそこさえ着いたら大丈夫♪
そして 一人になった私は 新祝園から 新田辺に移動して
無料送迎バスを利用して一休へ♪
conv0002.jpg


純和風です♪ さすが京都らしい♪(*^_^*)
期待を大きく胸を膨らませてのれんをくぐって受付へ♪

そしたら おばちゃん達の団体が 受付で うじゃうじゃ♪
対応が どうも遅い様子(;^_^A アセアセ…
後ろで 列んでいたら 店員さんが「お一人ですか?」と聞きに来てくれた。
おかげで 思っていたより早く 受付が出来た。。

ここは全部後払い♪ ロッカーキーで精算をする仕組み。
お金もって館内をうろちょろしなくて 良いからいいのだけどね。。

受付を済ませ お風呂場へ・・
キョロ キョロ (・_・ ) ( ・_・) キョロ キョロ
どこに行けばいいのか わからず((爆))
店員さんにこっちですと言われて 行く♪

「純和風のお風呂♪ o(^-^)o ワクワク」と期待する。
ところが・・・・
確かに上を見上げると大きな黒い柱がいっぱいで和風ぽいけど・・・
ごく普通のスー銭。。。。(。_・)ドテッ極楽湯とかと一緒の・・
露天風呂に行くと 掛け流しだぁ~~(*^_^*)v 
源泉湯だと思われる 湯船からお湯が流れている♪
まずは そこに入る。
暑い・・・(^◇^;) 湯も熱い。。 
これ絶対に湯の温度プラスαされてる。。
他の湯船に行く。。 どこも同じような温度。。。
でも 屋根があるからまだマシ?でも陰は 他の人に取られている((爆))
結局 身体を冷やすために 長いすに座る。
長椅子を 木陰に移動させて・・・
そしたら おばちゃん二人もやってきた。
一緒にぺちゃくちゃ ぺちゃくちゃ・・どれぐらいしゃべったのだろうか?
身体も適度の温度に♪
木陰になってる湯船も ちょうど空いてるし・・・・。
源泉には 入らず 他の湯船へ。。
もちろん 温泉です。。
美人の湯とはされてるけど まぁまぁかな??
色は 温泉らしい色しております。。

お腹が空いたので昼食を食べることに♪
日替わり定食 造り(まぐろ・貝柱・イカ)・ひじき・みそ汁・ご飯・八丁味噌&豆腐・お付けもの
これだけで1050円。 何か高い(-.-#)
ひじきだが 少なくして 煮物をちょっとつけて欲しかった。。

ご飯も食べ終わり 送迎バス出発の時間まで待つのみとなった。
まだ時間があるので ヘッドスパ30分を体験する。
まぁまぁ 気持ちが良かったが もう良いかな?((激爆))

ヘッドスパを終え 会計へ。。
ところが会計が出来ない。使用料金が表示されない。
ここで 時間をくう。。
やっとは表示され カードで払おうとすると
今度は このレジでは対応してませんので こちらへ・・・と
移動させられる。。
そこで会計することに・・・
ところが・・やばいことに送迎バス出発時間2分前になる。
対応がめっちゃ遅いので「すいません 靴箱の鍵 急いでもらえせんか?(-.-#)」と。。
鍵をもらって 急いで送迎バス乗り場へ・・・。客は 一人((爆))

一休をでて 送迎バスで 新田辺へ♪
そこから 新祝園に行き 私のしごと館にバスでむかう。。
バス代190円。
しごと館前に到着。 めっちゃ大きいのにビックリする
娘達が体験を終えて出てくるまで レストルームで待つ♪
眠気に襲われて そこで寝てしまう((自爆))
娘達が体験を終えてやってきた♪
バスと電車にのって家に帰る(*^_^*)
娘の友達の塾の時間にどうにか 間に合ったρ(⌒◇⌒)ノ.