和歌山の旅 湯の峰温泉へ (1)

今回は和歌山県の湯の峰温泉へ。
ここは、日本最古の湯として知られているそうです。

大阪を車で出発。奈良県五条経由を選択。

これは大間違い

山中をクネクネ走り通し・・・(・。・;
不気味なトンネルをいくつも抜け・・・・
無事に目的地に着くのだろうかと不安と戦いながら目的地へ。
通常でも険しい山道なのに、大雨の為に閉鎖されてる道路が
いくつもあり遠回りになる。
無事に目的地に着くが、予定時間より大幅に遅れて到着する。

同じ山道でも、十津川温泉経由だったらもう少しマシだったかもしれないが、
黒滝村・天川村大峰山)・上北山村きなりの湯」経由下北山村・おくとろ・
小森発電所経由で湯の峰温泉へ。
道は車が一台しか通れそうにかったし、あっちこっちに

落石注意」「落盤注意」と書かれた看板が・・

現地到着13時。宿に到着したことを伝え駐車場に車を停めても良いかを聞く。
車の駐車OKをもらうと同時にチェックインは15時からと念をおされる((爆))
湯の峰温泉周辺、観光するような場所がないから、ちょっとドライブ。
ちょっと走ると

  わたらせ温泉

を見つける。

そこを通り過ぎて川湯温泉へ行くが、川が雨の為に増水。
山水館 川湯みどりやの日帰りを利用しようかと思ったが、時間的に早かった。
その為、わたらせ温泉に戻る

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://altec2005.com/tb.php/358-e41fdebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)